コネクション

CONNECTION/着物文化を繋げるために

KIMONO VILLAの背景にあること
私たちの母体は京友禅の着物メーカーです。当社の創業者はセミフォーマルの着物の代名詞「付下げ」を考案し商品化することで、それまで高額だった着物をより手が届きやすいものとして世に広めるきっかけを作りました。世の中に数多くの着物を提供するために数多くの職人さん達にお仕事をお願いしてきました。

創業以来ずっと着物に関わって来た私たちが、KIMONO VILLAを始めた理由は二つあります。

ひとつはより多くの方に日本の着物文化を体験して頂きたいということ。そして、もうひとつは着物の作り手である職人さんの仕事を作り続けることです。

昨今、職人さんの高齢化に伴い染めや織りの技術継承がたいへん難しくなっています。若い方が職人さんの仕事に関心を持ったとしても、かつてほど着物が売れないため仕事として成り立たず、若い職人さんが育たず技術継承も進んでいません。そんな中で私たちは職人さんに仕事を続けて頂くための仕組みを考えました。

職人さんに還元する仕組み
KIMONO VILLAでは、お客様に着物をお選び頂くとその着物の作り手である工房や職人さんにお客様のご利用料金の一部を手数料として還元する取り組みを始めました。着物を選んで頂くことは、経済的な還元に加えてお客様の思いを還元して頂くことでもあります。
お客様が着物をご着用頂けば頂くほど職人さんに還元され、それが次の世代に技術を継承することに繋がってゆきます。

着物を着ることが繋げること
KIMONO VILLAでお客様が着物をご着用頂くことは、着物文化の継承をご支援頂くことでもあります。
お客様と作り手の職人さんを繋げることが、長年職人さんと共に歩んできた私たちだからこそできることだと考えています。

PAGE TOP